方法をしっかりと選択

マンションの外壁を塗り直す

作業員

マンションでも一戸建てと同じように外壁塗装の塗り直しを定期的に行わなければなりません。構造は鉄筋コンクリートであっても、塗装によって外壁は守られていますので、外壁塗装の塗り直しによって、耐用年数を延ばすことができるのです。タイミングについては、ケースバイケースになりますが、一般的にいわれるのは10年周期で塗り直しというものです。タイミングが遅れると、外壁にひび割れが生じたりして、構造部分にまで影響が及ぶことがありますので、早め早めの対応が好ましいでしょう。費用的には、ピンからキリまでですが、概ね、階数掛ける百万円程度を考えておく必要があります。3階建てなら3百万円、7階建てなら7百万円程度は必要です。

無足場工法による外壁塗装の塗り直し

マンションの外壁塗装を塗り直す場合は、基本的にマンションの周囲に足場を設置して、外壁塗装の塗り直しを行っていくことになります。しかし、このような方法では、足場代だけでも相当の費用がかかりますので、この足場代を節約する方法が近年考えられるようになりました。具体的には、無足場工法と呼ばれるもので、マンションの周囲に足場を組むことはありません。費用のうちの2〜3割は足場代ともいわれますので、足場を使用しないことで大幅に費用を抑えることができます。上からつるされた作業員が外壁塗装の塗り直しを行っていきます。これまでのように足場を設置するよりも短期間で工事を終えることもできますので、効率的にも優れています。