家を守る塗料

作業員

住宅の外壁や屋根によって、住民は雨風や紫外線から身を守ることができます。逆に、外壁は常に雨風や紫外線のダメージを受けています。外壁をこのようなダメージから守るために、塗装でコーティングされています。それが外壁塗装です。外壁塗装でコーティングをすることによって、外壁には様々な機能が備わります。その1つが、防水性や防湿性です。このような機能のおかげで雨が降っても水が染みることがありません。水が外壁の建材に染みこんでしまうと、腐食を引き起こします。建材の住宅寿命を縮める大きな原因となってしまいますので、外壁塗装の役割は非常に大きいと言えます。
外壁塗装の機能として挙げられるのが、断熱性です。外気の温度を室内に伝わりにくくするという役割があります。夏は涼しく、冬は温かい室内を保つことができます。その為、空調にかかる電気代が節約できるというメリットもあります。近年はこのような機能から、リフォームで断熱性の高い外壁塗装を塗布すると、住宅エコポイントを配布してもらえます。
外壁塗装は経年によって劣化してしまいます。色が落ちて見た目が悪くなったり、機能が失われたりしていまします。塗装が劣化したまま放置しておくと、住宅寿命を縮める原因になりますので、定期的に塗装のリフォームを行いましょう。外壁塗装のリフォームを行なうスパンは、塗料の種類にもよります。10年持たないような塗料もあれば、20年近く持つ塗料もあります。適切なスパンで外壁塗装のリフォームを行いましょう。現在外壁塗装のリフォームが必要かどうかを判断しかねるという場合は、業者にチェックしてもらうのもよいでしょう。名古屋には外壁塗装を行っている業者が多くあります。名古屋や、名古屋周辺にマイホームがあるという方は選択肢が多くてつい迷ってしまいます。ネットの口コミサイトなどで、名古屋にある外壁塗装業者の評判をチェックすることができますので、参考にして業者を選びましょう。劣化した外壁塗装を放置せずに、リフォームを行なうようにしましょう。